人間工学デザインのリストレストを買ってみた

ブログの執筆をはじめるようになってから自宅でPCに向かう時間が多くなり、長時間の作業をしてると右手の脛が痛くなるようになってきました。
そこで、リストレストを新調しようと思ったんですが、フツーのジェルのリストレストは会社で使ってるので、今回はちょっと冒険して人間工学デザインというものがあったので試してみました。

人間工学デザインって?

人間工学(にんげんこうがく)は、人間が可能な限り自然な動きや状態で使えるように物や環境を設計し、実際のデザインに活かす学問である。 また、人々が正しく効率的に動けるように周囲の人的・物的環境を整えて、事故・ミスを可能な限り少なくするための研究を含む。

人間工学 – Wikipedia より
ようは、人間の動きや癖を研究して、それに合わせたデザインにし、使ってて無理のない疲れにくい製品を目指したモノの事なんでしょう。
よく人間工学デザインマウスとか、キーボードとかありますが、すっごく変な形してますが、人間のつくりや癖に合わせた製品なので、実際は非常に具合が良いんでしょうね。
使ったことはないですが。。。

見た目とか

一見バナナボートのようにも見えるこの商品、TPEという素材でできていて、非常に耐久性にすぐれた商品になっているとのこと。
ぱっと見た感じ、触った感触はゴム?っという雰囲気ですが、意外にさらさらしてて、非常に触り心地の良い感じです。
商品説明には「掌のサイズ:19.5*11.5cm以内。」と記載されてますが、おそらく女性の小さな手にはちょっと大きいと感じるかもしれません。

実際の使用感

手のひらにしっくりくるようにデザインされたこのリストレストですが、確かにフィット感はいいです。
ジェル状のリストレストとは違い、ぐにゃっという感じではなくて、しっかりとした厚みでサポートされてる感覚です。

あとこのリストレスト、裏面にポッチがついていて、机の上をすべるような作りになってます。

これがどういうことかというと、マウスとリストレストを使用していて、マウスを動かそうとしたとき、通常ならばリストレストはその位置のままで、手の指先でマウスを動かしますよね?だけどこいつは、下面についているポッチのおかげで、リストレストごと移動できるんです。これが良い!のかどうかちょっとまだわかりませんが、なかなか面白い感覚です。

手を置いた時に、ちょうどいい位置に来ない!


キーボードを使った後、マウスを使うときに、マウスを掴みに行くじゃないですか。その時の視線って普通、マウスにはいかないで画面を注視したままですよね。
で、ブラインドでマウスを握った時の腕の着地点とリストレストの接地面が合わないことが多いです。
リストレストが手の形状にぴったりとデザインされてるせいか、腕を置いたときにちょっとでもズレてると、ぴったりフィットせずなんだかムズムズしますw
まぁこの辺はおいおい慣れていくことでしょう。。。

使用してからまだ時間が経ってないせいなのか、使い心地がまだ安定してないですが、ファーストインプレッションはなかなかいい感じだと思いました。
一番のメリットは、マウスパッド上で自由に移動できるということでしょう。これはほかのリストレストにない強みです。

レビュー

Posted by koko