ロッジ スキレットで作った料理がウマい

2017年11月20日

いつか欲しい欲しいと思いつつも、手入れの面倒さの事を考えてなかなか踏み出せずにいた、スキレット

普段料理なんて殆どしない私ですが、これだけはずっと欲しかった。

ニトリのスキレット(ニトスキ)や百均のスキレット(百スキ)なんてものも発売されて人気の商品ですが、今回買ったのはLODGEスキレット!

スキレットって、買った直後にシーズニングとかいう面倒な作業を行わなければいけないんですけど、この商品は既にメーカー側でシーズニング済みなんです。なので購入直後にスグ料理ができます!

フタと


スキレット(8インチ)

合わせて4500円
正直フタは必要だったのかどうなのかわかりませんが、なくて困ることはあっても、あって困ることは無いだろうという事で買いました。
フタの代わりに同じサイズのスキレット鍋をフタ代わりにするケースもあるようですが、重量が重いので、結果的にあってよかったとおもいます。 

スキレット料理の定番、ステーキを作ってみた


スキレットといったらやっぱりステーキでしょう。

二枚で¥1000以下のおつとめ品ですが、ふつうのテフロン製フライパンで焼いた国産ステーキより美味しいです。

他にもバナナパンケーキ、パエリア、餃子などなど試しましたが、ざっとこんなかんじです。

  • 熱が逃げにくい構造なのでしばらくの間、熱いままで食べられる。
  • 器として取り回しの良い形で、さらにデザイン的にも良いので卓上に問題なく置ける
  • 熱を逃がしにくい構造なので、パンケーキ類はふっくら焼ける

熱伝導性が高く、焼きムラが無いのでいずれもおいしく調理できました。

手入れがやっぱり、、大変


洗剤NGなので、基本的にタワシでこすりあらいし、布巾で拭いた後、微小孔に入り込んだ水分を蒸発させるために、ガスコンロで火にかけます。

全体に食用油を塗りたくる、シーズニングと呼ばれる作業を行います。

この作業が使用後に毎回毎回必要になります。

面倒ですが、慣れるしかありません。これを怠ると、速攻でサビるようです。

もっと大きいスキレットが欲しい

今回買ったのは8インチで、直径21センチくらいのものです。

ウチは7人家族なんですが、パエリアなんかをコレで作ろうとすると炊けるご飯の量が1号くらいとまず足りないです。

そもそも7人揃う機会がそこまで無いので何とかなるんですけど、もう少し大きいサイズがあればなぁとは思います。

ただ、8インチの今のヤツでも重いのに、さらに大きいスキレットだと、さらに重くなってきますからね・・・

フタも使いまわせますし、同じサイズのスキレットを買うのもアリかなと思いました。

テフロン加工のフライパンと扱い方は全く違い、料理後のお手入れは確かに面倒ですが、普段の料理がさらにおいしくなること間違いなしです。

雑記

Posted by koko