ソシャゲを引退して感じた6のコト

最近、いろいろ考えまして、今年からやっていたとあるソシャゲを辞めることにしました。

特定のゲームを貶めるわけにもいきませんから、今ここでゲーム名はあえて言いません。よくあるカードバトルものです。

一時期は熱中してそこそこ課金もしていましたが、今はやめた事でかなり晴れ晴れした気分になっています。

やらなくちゃいけないという強迫観念

ソシャゲ経験者ならわかると思うんですが、ゲーム内で毎週のようにイベントが配信され、そのイベントの時しか入手できない限定アイテムがあったりします。

で、それを逃すと次回のイベントの際のアイテムコンプに支障が出たり、対人戦で勝ち上がる為にそれを持っていないと環境的に不利になったりするわけです。

つまり、そのアイテムが必要かどうかよりも、配信されたデータのすべてを享受しないといけない気持ちに駆られているのです。

また、スタミナが勿体ない!と感じ、朝起きて仕事行くまでに消化。通勤時間に消化。お昼休みに消化、ととにかく空き時間にスタミナを消化していました。

もちろん、寝てる間に限界まで溜まっていくので、寝る直前までスタミナの消化はかかせません。

仕事中も、トイレに行く次いでについついプレイしている自分がいました。完全に仕事に支障が出てるパターンですね。

こんなのを毎週のように続けていると、なんだか、終わりのないマラソンを永遠とやらされてるような気分になって空しくなりました

必要あるかどうかもわからないのに、やらなくちゃいけないと頭で考えてしまうんです。

課金で得るものは一時の優越感のみ

大金をつぎ込んで得たアイテムを使って対人戦で相手を蹴散らしていくのは最高ににきもちいいですw

でも、それはその時しか味わえない、一時の感情なんですよね。麻薬と一緒ですw

そもそも、やっとの思いで得たアイテムなんて、運営会社のちょっとした調整の匙加減次第ではあっという間にゴミになる可能性を秘めているわけです。

常に最先端の環境を求めないといけないのに、それに加えて賽の河原ゲー。課金が止まる訳がないです。無課金でそこそこの成績でなんてやってる意味ないと思ってましたからね。

気づいたら、コミュニケーションをとらなくなっていた

ネトゲとどう違うんだ?とよく比較されがちですが、ソシャゲの最大の違いはいつでもできるということですよね。

いつでも出来るということは、いつでもやってしまうということです。

私の場合、お昼休み時間とかで、人と話さなくなりました。

だって、あまり親しくない人と世間話するより、ゲームやってたほうが面白いじゃないですか。

これ、二人きりの時とかにやられると相手からしたら結構嫌な気持ちになるんですよねw実際私もそう思いました。

ソシャゲに没頭してると、知らず知らずのうちに周りからの評価を落としている可能性があると思います。

趣味というカテゴリにおいて、ソシャゲはヒエラルキーの最下層

人に趣味は?と聞かれて、ソシャゲやってます。なんて言えなくないですか?私は言えないです。

だって、その話が盛り上がる事はまずないですし、間違っても人に勧めるものではないと私自身わかっているからです。

「今月××万課金したわwww」とかさも武勇伝のように語る人がたまにいますが、大抵回りは引いてますw

「自制心の効かない奴なんだな」とか「家庭を顧みない人なんだな」ってマイナスイメージを持たれるだけですw

別にこういう趣味をしろって言いたい訳ではありませんが、スポーツや車などは一般的には相手の理解を得やすく同調もされやすいですし、会社というコミュニティでは、ゴルフなどの趣味を通じて上司と仲良くなったりする事で出世に有利とされる風潮は、特に古い体質の会社では未だに根強く存在しています。

実際私もアニメやゲームは好きですし、趣味自体はその人の勝手だし、人にどう言われようとその人の自由だと思ってます。

趣味の世界なんて年々多様化してきてるわけですからね。

ただ、一般的に世間から見てソシャゲに没頭していることがマイナスイメージなのは間違いありません。

ソシャゲには家計を壊す十分な力がある

ソシャゲをやっていた頃は、「ずっとそれやってるね」って妻に時々言われてました。

確かに特にやり始めの頃は、やれることが多すぎて、常にスタミナをチェックしてはスマホを弄っていました。

子供の面倒も片手間に、スマホばっかり操作していたかもしれません。

夫婦間のストレスはこういうところから蓄積していくもので、確実に妻の負の感情は増幅していたと思いますw

自制心の効かない自分が全面的に悪いんですが、そうさせる力がソシャゲにはあります。

私には娘が二人いるんですが、ふとしたとある時に、上の娘に「パパまたゲームやってるのぉ~」と言われました。

その時はそうなんだよ~なんて呑気に話してましたけど、よくよく考えたらこれって凄く子供に対して申し訳ない事だと感じたんですよね。

子は親の背中を見て育つ、なんて諺がありますけど、これは本当にその通りで、親のやっている事、習慣の何もかもが子供にとって全てであり、常識なんです。

子供の頃の父の記憶が一人でゲームばっかりやっていた。なんて悲しいじゃないですか。

結果的に早い時期から娘達は親の持つiPhoneやiPadに非常に興味を持っちゃってますし、まぁ、これも時代の流れなのか諦めてますが、、

ソシャゲで得た経験が生み出すもの

持論ですが、人は消費する存在から生産していく存在にならなければ、一生消費者のまま終わってく運命にあると思ってます。

ソシャゲで大量の時間とお金を失って、残るものはなんでしょうか

もちろん、攻略情報をブログに発信していくだとか、ゲームの内容やトレンドを汲み取って自身の生産活動にコミットしていけるなら、それはとても有意義なことだと思います。

でも、それを多くの人ができるとは思えません

実際自身がソシャゲに現を抜かしている間、周りは自己啓発のために研鑽しているのです。

それを考えてしまった私はソシャゲに費やす時間とお金が勿体ないと感じていまいました。

まとめ

暇つぶし程度に、節度を持ってやる分にはいいです。

ただし、そう上手くもいかないのがソシャゲという存在です。

運営会社は次々と課金アイテムを充実させ、プレイヤーの射幸心を煽り、自制心の効かなくなった人は泥沼にはまっていきますw

うまい距離間で付き合える事、社会生活に支障が出ないこと、他人に迷惑をかけない事が守られれば何も言うことはないんですけどね。